スポンサーリンク




地理 大学受験

【大学受験】地理のおすすめ本・参考書

この記事では地理のおすすめ本・参考書を紹介します

大学受験で地理を選択する人は少なく、参考書選びも大変だと思うので、参考書選びに役立てていただければ幸いです

センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本

定番の参考書

丁寧で詳しい説明なので、初学者にも優しい内容になっており、図がたくさんあるので理解しやすい構成になっています

問題数は少ないので別の問題集で補った方がいいですが、教科書として使う分には素晴らしい1冊

村瀬の地理Bをはじめからていねいに

東進ハイスクールの人気講師である村瀬哲史さんが著者の参考書

説明が丁寧でレイアウトも見やすいのが特徴です

書いてある内容がかなり詳しいので、初学者にももちろんおすすめですが、地理がある程度できる方にもおすすめの1冊になっています

系統地理編と地誌編の2冊の内容を理解しておけば、センター試験はクリアできると思います

新詳 資料地理の研究

created by Rinker
帝国書院
¥1,026 (2021/09/21 02:34:46時点 Amazon調べ-詳細)

センター試験ではなく、2次試験で地理を選択する方におすすめの参考書

日本史などでいうと資料集的な立ち位置

地理の問題を解いていて分からないものが出てきたときに、この資料集を辞書代わりに使う
というやり方が良いでしょう

この参考書を全部覚える必要はありません

まとめ

今回は地理のおすすめ本・参考書を紹介しました

センター試験のみの受験の方は「村瀬の地理Bをはじめからていねいに」、「センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本」のどちらか1冊のみで大丈夫です

二次試験も受験する方はプラスして「新詳 資料地理の研究」も使って学習を進めていくと良いと思います

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク




-地理, 大学受験

Copyright© 参考書インフォメーション , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.